人気のシェアハウスで投資をする|運営方法を知っておくと便利です

積まれた硬貨

不動産経営を任せる

サブリースは賃貸物件を企業が借り上げて入居者に又貸しすることになるので空室からも企業から家賃収入が得られます。また、手間をサブリースした企業が引き受けてくれるので賃貸物件の諸問題から解放され、ストレスのない不動産経営ができます。

サービスの質で選ぼう

企業に賃貸管理の仕事を委託することで、面倒な仕事を代わりにしてくれたり、賠償金などを負担してくれたりします。さらに災害などの保証をしてくれるため、物件自体の安全性が上がりますし、オーナー側のリスクも回避することができるためおすすめです。

賃貸経営は管理費が決め手

マンション経営をする場合、入居者の立場に立つことが重要です。入居者は意外と管理費の安い物件を選ぶ傾向があります。これからマンション経営する場合はマンション管理費の決め方を知る必要があります。一般的に戸数の多い物件は管理費が安くなります。一般的に10階建てから20階建て以下なら管理費が安くなります。

国内にある二つのニーズ

女性

運営の方法を考慮する

不動産投資をするときには賃貸経営をすることになりますが、シェアハウスを運営することで実現することも可能です。日本ではあまりシェアハウスに住むのが一般的になっているわけではありませんが、二つのニーズがあることを知っておくとうまく投資として成立させられる可能性があるでしょう。一つは外国人労働者や低賃金労働者に向けた居住物件を提供する方法です。シェアハウスの世界的な基本は、一つの部屋や家に複数の人で住むことによって家賃をシェアして安く住めるようにすることにあります。特に外国人労働者の場合にはその点に着目してシェアハウスを探していることは多いため、そこにターゲットを絞って不動産投資をするという方法があるでしょう。もう一つはテーマ性のあるシェアハウスへ着目する人が増えてきていることを考慮して、ニーズのあるテーマ設定を行った物件を用意する方法です。これは国内で人気の高い方法であり、大手のシェアハウスを担う業者が積極的に展開している経営方法になっています。フリーランサーや投資家、高齢者などをターゲットとしてテーマ設定を行い、そのコンセプトに魅力を感じた人を入居者として集めるという方法で経営が可能です。このような形でニーズに合わせてシェアハウスを提供すれば投資として成立するでしょう。ただし、他人を一つの空間に住ませることになるのでトラブルが生じやすくなります。シェアハウス自体の運営方法も考慮しておくことが大切です。