人気のシェアハウスで投資をする|運営方法を知っておくと便利です

模型

賃貸経営は管理費が決め手

集合住宅

管理費を安くする方法

マンション経営で見逃しやすいのがマンション管理の決め方です。家賃相場などは市場調査をして適正な家賃を決めますが、マンション管理の費用については管理会社に丸投げする場合がほとんどです。しかし入居者の立場に立つと、管理費が高い物件は避ける傾向があるのです。マンション管理費を丸投げにしないためには、管理費の相場を調べます。周辺に同じような間取りの賃貸物件があった場合、入居者はマンション管理費の安い方を選びます。ですから管理費の相場を調べて、競合物件よりも安めの設定にしないと入居者を確保できないのです。一般的にはマンションの戸数が多いほどマンション管理費は安くなります。それは戸数が多いほど規模の大きいマンションになり、それだけ共用施設が充実しているからです。また戸数が多い分、負担金も少なくてすむからです。またマンションの高さによってもマンション管理費は違ってきます。一般的に高層マンションの場合は管理費が高くなります。それだけ共用設備の管理が難しくなるからです。逆に3階以下の低層マンションの場合も管理費が高くなります。戸数が制限されてしまうからです。マンション管理費が最も安くなるのは10階建てから20階以下までとなっています。これからマンション経営をする場合は、この基準を参考にして高さを決めると入居者を確保しやすくなります。また交通アクセスの良い物件は管理費が高めになり、最寄り駅から徒歩15分以上になると管理費は安くなります。この点も考慮して管理費を決めるようにします。